地球が誕生して46億年になります。
流れ星メテオライトが古生代オルドビス紀後期の約4億5千万年に地球の大気圏へと突入しました。
その隕石は、南西アフリカにあるナミビア共和国、ハルダプ州のナマランド砂漠に落下しました。
1836年にイギリスの探検家、J.Eアレクサンダー氏によって発見され26.000kgのギベオン隕石が回収されました。

ギべオンの特徴は、ウィドマンシュテッテン構造が表面に見られる所です。
また、超微量ですが現在でもガンマ線を発し続けている個体も存在します。

日本彩珠宝石研究所による鑑別書を5,400円を作成しますのでご希望の方は備考欄にお書き下さい。(お日にちが約10日間掛かります)

粒径  約6mm

重量  約26.4g

腕周り 約162mm

イメージ

2020年最新入荷 ☆ギベオン隕石 原石 天然石 ブレスレット パワーストーン クロムシルバー 粒径6mm メテオライト-天然石

2020年最新入荷 ☆ギベオン隕石 原石 天然石 ブレスレット パワーストーン クロムシルバー 粒径6mm メテオライト-天然石

yuru_character at 15:00ゆるキャラニュース | -滋賀  Tweet
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ